月別アーカイブ: 2015年2月

中学受験をすることのメリットについて

中学受験をすることのメリットとしてまず最初に挙げられるのは、自分で選んだ学校を目指して努力する、という経験を子どもができることでしょう。自分を取り巻く環境は、自ら臨んで勝ち取ることができるのだと子どもが体感することは、その後の学校生活を送る際も、高いモチベーションとなることが期待できます。また、高い学力を身につけることができる点も、親が最も期待する大きな恩恵ですね。小学校での勉強をこなしてゆくだけでは決して身に付かない豊富な知識や応用力は、中学、高校と進んでいくにつれて、いっそう大きくそのメリットを感じることができるでしょう。
そしてもう一つ、多分中学受験の最大のメリットと思われることがあります。それは、親と子の相互理解。中学受験は親の受験とよく言われますが、自我が芽生え始めた未熟な子どもたちのモチベーションを高め、合格に導く親の苦労は計り知れません。ましてや、難関校を目指すようなお子さんなら、知能の高さに比例して精神年齢も高くなるので、親への反発も大きくなりがちです。中学受験を通して、そんな子どもと一緒に笑い、喜び、落ち込み、時には一緒に泣くことで、親は子どものことを深く知り、子どもは親の愛情を感じることができるのです。小学校を卒業してしまえば、子どもはみるみる間に、精神的に独立していってしまいます。ある意味中学受験は、親と子が分かり合える最大のチャンスと言えるかもしれません。そしてここで得た親子の絆は、合否に関わらず、この先の宝になるはずです。